関西の帰国生に人気の三校を徹底比較

同志社国際・立命館宇治・千里国際徹底比較

関西圏で帰国生に人気の中学高校といえば、同志社国際、立命館宇治、関西学院千里国際の3校ですね。

「どんな違いがありますか?」とよくカウンセリングで質問されます。

学費は?クラブ活動は?校風は?と気になることがたくさんありますよね。色々な点から徹底比較してみました。是非参考にしてください。

生徒数を比べてみた。

生徒数の多い順に並べるとこうなります。

・立命館宇治中学高校
中学 517名(男子274名 女子243名)
高校 1090名(男子542名 女子548名) *男女比率 約5:5

・同志社国際中学高校

中学 412名(男子149名 女子263名)
高校 847名(男子328名 女子519名) *男女比率 約4:6

・千里国際中等部高等部

中学 230名
高校282名 *男女人数公表なし。

千里国際は他の2校に比べて生徒数が少なめです。高校は国内生の募集をせず帰国生海外生のみ受け入れるので、中学と高校の規模も大きく変化がありません。少人数で生徒みんなの顔と名前が分かると、卒業生から聞きました。
立命館宇治と同志社国際は高校入試で一般国内生も募集するので、高校は中学の倍ほどの人数になります。どんな学校生活が送りたいか、生徒数(学校規模)も考慮しておきましょう。

帰国生の割合は?

帰国生の割合の多い順に

同志社国際 約3分の2 (約750人)

千里国際 約2分の1

立命館宇治 約5分の1~4分の1

となります。同志社国際は日本で帰国生徒数が一番多く、中高合わせて752人いるそうです。 帰国生の方が一般国内生より多いので、国内生の方が少数派の珍しい学校学校です。 色々な国から帰ってきた生徒がいて、帰国生には過ごしやすい環境です。

千里国際はおよそ半数が帰国生です。インターナショナルスクールが併設されていて生徒の交流も多いので規模の小さいインターナショナルスクールのような感じです。

立命館宇治は帰国生の割合が3学校の中では少ないですが、全体の生徒数が多いので帰国生の人数は千里国際より多くなります。日本に帰国したんだから 日本らしい学校で学びたいけれど、帰国生が全然いないのは不安という生徒には良さそうです。 ※立命館宇治のIP/IBコースは英語で学びます。

学費の違いは?

学費の高い順に並べてみました。

千里国際中等部高等部

千里国際中等部
学 費 1,240,000円
入学金 300,000円
その他 102,000円
合 計 1,642,000円

千里国際高等部
学 費 1,240,000円
入学金 300,000円
その他 102,000円
合 計 1,642,000円

*その他に教材、宿泊行事や学年旅行費等別途あり。
*寄付金はなし。
*高校の入学金は内部進学の場合150,000円

立命館宇治中学高校

立命館宇治中学
学費929,000円
入学金 120,000円
その他 104,000円
合 計 1,153,040円

立命館宇治高校
学 費 929,000円
入学金 120,000円
その他 117,000円
合 計 1,166,000円

*その他に制服代、指定品の費用、海外研修積立金等別途あり。
*寄付金はホームページには記載なし。
*高校の学費は比較のためIGコースを記載しました。IMコースIBコースは上記に別途プラスで必要なのでご注意ください。

同志社国際中学高校

同志社国際中学
学 費901,500円
入学金 100,000円
その他 75,500円
合 計 1,077,000円

同志社国際高校
学 費 921,500円
入学金 100,000円
その他 65.500円
合 計 1,087,000円

*その他に研修旅行費等別途あり。
*寄付金は任意で一口100,000円との記載あり

という順番になりました。千里国際は少人数クラス制ということもあり他の2校に比べて高いですね。

また、各学校に研修旅行費もかかりますし、 立命館宇治には制服代や指定品の費用もかかります。

校則はある??制服は?

校則や制服の有無は校風に関わる分かりやすい観点です。

立命館宇治は校則も制服もある。

立命館宇治は帰国生が多い学校には珍しく、制服も校則もあります。

うちは普通の日本の学校です。 だから、ずっと現地校やインターナショナルスクールに通っていて、毎日制服を着るのが嫌だというような生徒には窮屈かもしれません。」と以前入試センターの先生が仰っていました。

ずっと制服を着たことがないから、日本の制服に憧れていて「日本らしい制服のある学校に行きたい」と言って立命館宇治を選ぶ子もいます。

同志社国際は校則ほぼなし、制服なしです。

同志社国際の教育理念は「キリスト教主義」「自由主義」「国際主義」の3つの柱です。生徒の自主性を重んじる、自由な雰囲気の学校です。

「色々な国から帰国した生徒は日本の理科や社会の知識がない生徒が多いです。日本国内で普通の小中学校で学び、いわゆる中学受験、高校受験をくぐった生徒は理科や社会はよく分かっているけれど、英語がペラペラ話せるわけではありません。そんな 帰国生と国内生が同じ教室で理科や社会を学ぶことで起こる化学変化が面白いんです。」 と、同志社国際の先生が仰っていました。

千里国際も校則ほぼなし、制服もなしです。

千里国際と言えば何と言っても インターナショナルスクールとの交流が他校にはない特徴です。

「二つの学校は一体である」という理念のも施設の共同使用や交流があり、インターナショナルスクールのような雰囲気だと通学している生徒から聞いています。

授業の様子は??

同志社国際中学高校

同志社国際中学

国語・数学・理科・社会・聖書は日本語力や学習状況に応じて少人数クラスでの指導を受けられます。海外経験が長く日本語での学習に不安がある場合は安心ですね。

英語は6段階のクラス編成に分かれ、習熟度の高いクラスではネイティブの先生が現地校のような授業を実施しています。また、中学から第二外国語を学ぶことができるので、ドイツや中国などでインターナショナルスクールに通っていた生徒が、英語だけでなくドイツ語や中国語をさらに学びたいという理由で受験を決めることもあります。

同志社国際高校

国語・数学・理科・社会・聖書に加え情報、保険も習熟度別授業となり、日本語の指導が必要な生徒をサポートしてくれます。日本語の読み書きに不安がある生徒も安心ですね。英語は四段階のクラス分けによって授業が行われていてます。英検準1級以上のレベルの生徒が各学年に50人以上いるので、普通にグループワークやディスカッションを現地校のようにできるそうです。


平和教育、人権教育にも力を入れていて、中学で長崎、高校で沖縄への研修旅行を実施しています。

立命館宇治中学高校

立命館宇治中学

英語は4段階のグレード別授業が実施されています。上位クラスでは英検準1級れべるの生徒たちが学びます。 帰国生は放課後に国語・数学・理科・社会の1年間の支援授業を受けることができます。

生徒全員がタブレットパソコンを持ち、高校・大学へつながるICT教育を実施しています。 また、「WOW プログラム」という自由参加なプログラムがあり、陶芸やヨガ、ビワイチ(自転車で琵琶湖一周)など通常授業では経験できない「特徴ある学び」が出来ます。教科書以外の色々な体験ができるのはいいですね。

IPコースでは高校のIBコースで学ぶ準備をするコースで、理科・数学・社会は英語で学びます。

立命館宇治高校

立命館宇治高校ではIG・IM・IBの3つのコースがあります。帰国生はIBかIGを希望することが多いです。

IGではの帰国生は1年間国語・社会・数学を習熟度別の少人数クラスで学びます。高校2年から理系と国際系に分かれて高大連携授業を通じて、大学で通用する学びのスタイルを身に着けます。また高校3年生ではテーマを決めて調査し論文を書き上げます。

IBは国際バカロレアのプログラムで学び、日本の高校卒業資格とIBディプロマを両方取得できます。ディスカッション中心の授業で課題も多く、部活動との両立はほぼ無理なコースだと言われています。

海外の大学への進学がメインのようなイメージですが実は日本国内の大学への進学(国公立大学含む)も多いようです。 IMは1年間の留学を含み、留学後は英語で授業を受けます。

関西学院千里国際

美術、音楽、体育の授業はインターナショナルスクールの生徒と一緒に英語で受けます。
学期完結性の授業で4月~、9月~、12月~各学期60日制で授業が完結します。 海外の学校の開始時期と重なるので帰国生にとって編入後スムーズに学べる体制になっています。

関西学院千里国際中等部

中等部は習熟度別の英語、国語、選択制の音楽以外はホームルームで授業を受けます。ホームルームの人数は24人まで、少人数クラスで学びます。

関西学院千里国際高等部

高等部では時間割が自由選択、無学年制を取り入れています。自分が学びたい授業を自由に組み立てて受けることができます。高校1年生と3年生が同時に学ぶことも多く、1クラス10人以下の授業も珍しくないそうです。

授業の自由度が高く、インターナショナルスクールや現地校に近いイメージなのは千里国際なので、海外と同じような教育環境で続けて学びたい生徒が志望することが多いです。

部活動は?

同志社国際の生徒は8割が部活に参加

生徒の8割が何らかの部活動に加入しています。

自由に楽しく活動している部活と、アメリカンフットボールのように全国大会レベルの部活もあります。

立命館宇治 部活動は盛ん

全国大会レベルの部活も多く、柔道、陸上、スキー、バトントワリング、チアリーダー、野球、アメフトなどが盛んです。

特に高校入試ではは中学で京都市ベスト8以上かつ成績優秀な国内一般生が推薦入試を受験できるので、本気で部活に取り組む!というイメージの学校です。

千里国際はシーズン制

千里国際は併殺のインターナショナルスクールの生徒と共同で実施している部活が多く、海外の学校によくあるパターンで、シーズン制スポーツクラブの形態をとっています。ダンスやチアリーディング、トライアスロンなどはシーズン制の枠を超えて活動しているようです。3年間同じ仲間とサッカーやバレーボールなどに打ち込みたいという場合は注意が必要です。

高校卒業後の進学先は?

・同志社国際高校 90%以上が同志社大学、同志社女子大学へ進学
・立命館宇治高校 90%以上が立命館大学へ進学
・千里国際高等部 50%が関西学院大学へ進学
 10~15%が海外大学へ
 10%が国公立大学へ進学
 25~30%が国内私立大学へ進学。


同志社国際と立命館宇治の生徒がほぼ系列大学に進学しているのに比べ、関西学院千里国際は50%に限られています。 千里国際高等部からの内部進学率向上を進めるために、現状で推薦されない層の生徒への指導を強化し、学内推薦基準の見直しを進めているようですが、内部進学できるか不安で千里国際を避ける受験生もいます。

ミスマッチがないように

帰国生に人気の3校ですが、スクールカラーは結構違います。

どんな学校生活を送りたいか?高校卒業後はどんな進学をしたいか?系列大学に学びたい学部はあるか?などに加えて自宅からの通学時間や通学手段も考えてる必要があります。

新型コロナの影響で各学校とも一気にオンラインでの学校説明会が進みました。時差はありますが日本に一時帰国しなくても学校の様子を知る機会が増えました。

担当の先生が紹介してくれる様子や、実際に生徒たちが学んでいる様子、生徒の表情などを見ると学校のイメージが具体的につかめるようになります。ミスマッチがないように積極的に参加してくださいね。