【関西学院千里国際】推薦書は誰に何を書いてもらうべき?

関西学院千里国際受験予定の方は11月の帰国生特別入試、海外生入試に向けて、出願書類の準備を始めている頃だと思います。【書式C-1】生活や活動の報告や、【書式C-2】志望理由はとても重要です。海外経験を振り返って、なぜ千里国際で学びたいのか、じっくり取り組んでください。

千里国際の出願書類について、詳しくはこちらに書いています。

千里国際の入試では受験者本人が書く以外の書類についても、気を付けていただきたいことがあります!

評価書・Reference Formも重要!

千里国際では二人の先生にReference Formを書いていただかなくてはなりません。入試の推薦書は形式的なものという印象を持っているのではないでしょうか。私も千里国際の先生とお話しするまではそうでした。でも、先生の推薦書もしっかりと読み込んでいるそうです。

二人の先生の評価に大きく差がある場合は、担当の先生によって頑張り方が違うのかな?という疑問が残ってあまり印象がよくないとのことでした。できるだけお子さまを高く評価してくださる先生にお願いしたいです。

また、外国人の先生に書いていただく場合は、入学試験のための大切な資料であることを伝えて、日程には余裕を持って依頼する方が安全です。

Reference Formの裏面に書いてほしいことを伝えよう

【書式F】評価書の裏面、3~6は自由記述になっています。
3.出願所の長所を具体的にあげてください。
4.出願者の努力を要する点を具体的にあげてください。
5.出願者の性質や価値観にはどのような特徴がありますか。
6.その他私たちが知っておくべき情報はありますか。

自由度が高いだけに、頼まれた先生も何を書くべきか悩むのでは?と思います。

できれば、「こんなことを書いてほしい」というリストを渡してみてください。その先生に指導していただいた科目で頑張ったこと。学校行事で活躍したことなど、具体的に伝えると先生も書きやすいはずです!

本人が書いた書類のエピソードを後押ししてくれると理想的

C-1、C-2が完成していたら、出願書類に書いたエピソードをよく分かっていて、評価してくださる先生に推薦書をお願いしてください。

例えば学校行事の演劇でリーダーとしてみんなをまとめ、準備段階では色々な問題があったけれど、本番では大成功だった。それを通じて成長できた。というエピソードを書いたなら、その演劇を指導してくれた先生や、努力の過程を見てくれていた先生に推薦書の3番(出願者の長所を具体的にあげてください。)または5番(出願者の性質や価値観にはどんな特徴がありますか。)の欄に、演劇で頑張ったことを書いていただけますか?と具体的にお願いしてみてください!

保護者が記入する入学志願者調書

書式Dは保護者が記入します。

1.本校入学を希望される理由
保護者様が関西学院千里国際でお子さまを学ばせたいと思った理由を書くわけですが、なぜ千里国際なのかを明確にしてください。また、お子さまの志望理由と矛盾がないかも確認が必要です。

2.海外(国内)での学校について、その学校への入学を決められた理由

教育方針を問われる質問ですね。通っていた学校の何が魅力だったのか、どんなことを期待していたのか、1番の「本購入額を希望される理由」とも関連してきます。海外で在籍していた学校の学びをさらに千里国際で深めさせたいというような、保護者の一貫した姿勢が伝わるといいです!

海外で、日本人学校からインターナショナルスクールに転校した(又はその逆)経験がある場合は、その理由を保護者面接で聞かれることもあります。しっかりと説明できるようにしておいてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。