【合格速報】同志社国際中学高校2022年12月入試

2022年12月7日に高校の特別推薦入試、12月8日に中学高校のA選考、9日に高校のB選考入試が実施されました。受験したご家庭の話によると、今年も受験者数が多かったようです。

同志社国際中学に10人合格、高校に13人合格、合計23人の生徒が合格を勝ち取ってくれました!合格おめでとうございます。

同志社国際中学10人合格!

毎年A選考専願の受験者は20人ほどなのですが、今年は36人の受験者で合格者は30人だったそうです。A選考専願でも例年以上に不合格者が出たようですね。受験者のご家庭から教えてもらった数字なので、正式な数は同志社国際の発表を待ってください。

A選考専願合格者の3割がYou-学舎生

志望校が決まっていなかった5年生の頃から、英検対策を受講して、英検準1級を取得したMくんも無事合格しました!早めに入試準備を始めたので、余裕を持って入試に臨めました。今年はA選考専願で9人の生徒が合格したので、合格者の3割がYou-学舎生だったようです。

後ろの席にYou-学舎の面接対策シートを持った子が!

入試の前の待合会場で、たまたま後ろの席に座った受験者がYou-学舎の面接対策シートを見直していたそうです。Youちゃんのマークで気づいたそうで

「後ろの子もYou-学舎なんだ!」ってこっそり思いました。なんていう方もいました。

A選考併願も1人合格

ほとんどの生徒がA専願での入試でしたが、A併願の生徒も1人合格しました。今年は29人の受験者で10人合格だったそうです。2.9倍の高倍率でしたが、見事合格!おめでとうございます。

同志社国際高校13人合格!

同志社国際高校の特別推薦は集合時間が分かれていたようで、受験者数は不明です。You-学舎からは今年の特別推薦入試では12人合格しました。高校の特別推薦入試の海外在住者は今年もオンラインで受験できたので、一時帰国をすることなく受験できました!

特別推薦入試の一次選考は、学校の成績・語学の資格・出願書類での審査になります。どんどん人気が高まっているので、語学の資格は高ければ高いほどいいですよ!と生徒のご家庭にはお伝えしています。学校の成績も大切です。

特別推薦の一次選考合格率92%

ここのところ毎年20人ほど一次選考で不合格者が出ているようですが、You-学舎生の今年の一次選考の合格率は92%でした。出願書類は時間をかけて仕上げましたからね!もちろん二次選考は全員合格しています。

A選考入試で受験したRさんも無事合格したので、高校入試では合計13人の合格者が出ました。

やはり英語での面接があった

今年の入試要項には中学高校とも

面接 保護者(不可能な場合は、保護者代理人)同伴で、日本語で行う

と記載されていました。去年までは「日本語で」とは書いてなかったので、日本語だけになったのかも?と思い、問い合わせてみたのですが、「今までも英語で面接をしたことはありません」という回答でした。

確かに、英語での質問に答えにくそうにした日本人学校の生徒には「日本語で答えていいですよ」という助け船も出ていたので、絶対に英語で答えなければいけない面接ではないのかもしれません。

今年の夏編入試験でも英語面接が

でも、今年の夏編入試験でも「英語での質問が多くてラッキーだった」という生徒の声を聞いていたので、日本語のみで対策したいという希望者以外は、念のため日本語と英語と両方で準備をしていました。

入試後のアンケートでは例年通り外国人の面接官がいる部屋に当たったら日英両方での面接だったようです。やはり、英語と日本語の両方で対策をしておいて正解でした!

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます。