立命館宇治中学高校 出願書類の書き方

立命館宇治中学高校の出願書類は?

立命館宇治を受験する際必要な本人自筆の志望理由書は次の通りです。

・中学校(国際自己推薦入試)

日本語の場合800字横書きの志願理由書、方眼

英語の場合40行横書きの志願理由書、罫線

・高校(IM・IBコース)…横書きの志望理由書、英語または日本語、罫線

立命館宇治中学高校の志望理由書には、書くべき内容が指示されていません。ですので、自分で何を書くかを考えなくてはいけませんが、自分の経験と学校の魅力の二つの要素が中心になってくるかと思います。執筆の際は、学校名は貴校や御校にしましょう。

自分の経験を振り返ろう

そこで、まずは自分の経験について、箇条書きで良いので書き出してみましょう。

  • 今まで頑張ってきたこと
  • 好きなこと
  • 苦労したこと
  • 海外で学んだこと
  • 学校で印象的だったこと
  • 日常生活で印象的だったこと
  • 将来の夢

などを振り返ってみましょう。

自分の経験や夢について整理する作業は、後に面接対策や小論文試験対策にもつながってきます。

立命館宇治の魅力を考えよう

学校の情報を集めよう

学校の魅力については、少し時間がかかるかもしれません。なぜなら、学校について知らないと書くことが出来ないからです。

したがって、まずは学校情報を集めましょう。ウェブサイトやパンフレットを参考に学校側がアピールしているポイントを確認し、そのなかで 特に何に魅力を感じるのかを考えてみましょう。

海外生活の長かった生徒は、帰国生も多く英語をさらに磨ける環境でありながらも、日本らしく制服で学校に通い、部活動も全国レベルを目指せることに魅力を感じていました。

立命館宇治の特徴は?

コースごとに違いはありますが、立命館宇治では「生き方・進路」「興味関心・主体的学習」「発表・論文執筆」の三つをコア科目のコンセプトとして、カリキュラムを構成しています。このなかに、取り組みたいと思う分野はありませんか?

これまでの学校生活で積極的にプレゼンテーションに取り組んできたというある受験生は、テーマについて深く考え、自分の意見を伝える力を身に着けられるという点で、立命館宇治に興味をもったようでした。

中学のIP、高校のIBコース受験者はコース研究をしっかりと

海外の大学へ進学を考えておりIBコースを選択する場合は、日本の高等学校で学びながら国際バカロレア取得を目指せる点に魅力を感じていると思いますし、教育プログラムも他のコースとは異なってきます。まずは、自分が志望するコースの特色を掴むところから始めましょう。

特に中学のIPコース、高校のIBコースは 面接でもコースの特徴や教育理念が分かっているか確認されることが多いので、しっかりとコース内容について研究してください。

自分の経験と学校の魅力を結び付けよう

さて、自分の経験と学校の魅力がそれぞれまとまったら、これらを結び付けていきます。 夢や目標を二要素のつなぎ目にすると書きやすいです。

例えば、「将来、外国文化を紹介する仕事をしたい」という夢があったとします。この夢を中心に、なぜそう思うようになったのか(自分の経験)、立命館宇治のどんなところが夢への後押しをしてくれそうか(学校の魅力)、といったように話を展開させていきます。夢に向けて必要なことが複数ある場合は、二つか三つに分けて書くのもおすすめです。

教育理念を参考に目指したい姿を考えよう

まだ夢が定まっていないという場合は、教育理念が参考になります。 立命館宇治は理想とする人間像として十項目を定めています。これらのなかに、自分が目指したい姿はないか考えてみましょう。

当てはまる項目が見つかったら、なぜそれを目標とするのかの理由も探してみると良いです。その際、これまでまとめてきた過去の話や学校の魅力を結びつけると、文章にしやすくなります。

例えば、「話 コミュニケーションができる人」という項目がありますが、コミュニケーションを大切にしたいと思ったのはなぜか、これまでの経験と関連させて書いてみましょう。

また、コミュニケーションができる人になるために立命館宇治ではどんな教育が行われていて、自分のどんな力を伸ばせそうか考えてみると良いです。

志望理由書の構成

今まで示したように、各要素を結び付けていくと全体の流れとしては以下のようになりそうです。

  1. 将来の夢や目標
  2. それを目指すようになったきっかけ、そのためにこれまで頑張ってきたこと
  3. そのために何が必要か
  4. 立命館宇治での学びが夢や目標の実現にどうつながるか、何をしたいか

繰り返しになりますが、まずは、自分の経験と学校の魅力をまとめることから始めましょう。

学校見学や説明会で記録を残そう

最後に、志望理由書を書くまでにやっておくと良いことを紹介します。 それは、学校見学や説明会の記録です。実際に自分の目で見たキャンパスや、直接先生から聞いた話のうち、何を魅力に感じるかはそれぞれです。パンフレットでは伝わらない学校の魅力に気付けるチャンスなので、どんな印象だったか、説明を聞いて心に残った言葉はなかったか、忘れないうちにメモしておくことをお勧めします。