【立命館宇治高校IBコース】2023年6月編入試験対策コース

立命館宇治高校IBコース第1学年9月編入試験が6月24日(土)に編入試験が実施されます。

2022年度卒業生のIBディプロマ取得率100%で非常に注目されていますから、しっかりと準備をして入試に臨みたいですね。

IB方式の選考は

  • 数学(英語)45分
  • 小論文(英語)70分
  • 面接(保護者1名同伴)

となっています。

面接・エッセイ基礎準備(3回) 

自分を見つめ直すことが、他の取り組みにもつながる

海外で暮らすお子さまは、環境の変化にとまどいつつ困難を乗り越えたり、色々な国出身の生徒とともに学んだり、貴重な経験をたくさんしています。ところが、面接対策授業の様子を見ると自己評価が低めでもったいないお子さまが多いです。自分は英語も中途半端だし、漢字は苦手だし、などと思っているようです。

そこで、過去の受験者が面接できかれた質問リストの回答を作りながら、大変だったことをどう乗り越えたか、どんな成長をしたのかを言葉にして、いかにいい経験をして成長できたのか、を実感してもらいます。

2022年11月入試で合格したご家庭へのインタビューでは、面接対策で子どもが海外経験を振り返り、自分を見つめ直し、将来に向き合えたことが本当に良かった。先生がいいところを引き出してくれて、自信が持てるようになり、入試対策以外のことに取り組む姿勢も変わった。という声が予想以上に多かったです!

面接質問リストの回答を作成する!

まずは質問リストの回答を作成していきます。過去の振り返りとともに、日本と滞在国の違いや、志望理由などを考えます。なぜ他の帰国生受け入れ校ではなく、立命館宇治高校のBコースで学びたいのか、説得力のある志望理由を言えるように学校とIBコースの研究も欠かせません。

志望理由を考えることで、「立命館宇治のIBコースで学びたい!」という思いが強まり、英語小論文に意欲的に取り組むようになる受験生も多いです。

小論文では自分の経験を入れると説得力が増すので、英語小論文対策のためにも自己分析や学校研究は大切です。3回の基礎準備後に志望理由書に進みます。

英語小論文対策

IB方式の小論文(英語)の試験は70分間です。A4の用紙1枚程度の文章(小説)を読み、内容把握に関する3つの質問に答える形で550~800ワードの小論文を書きます。2023年度入試から「小説」と指定されています。行間や文脈を読む力も試されます。

論理的な文章を書けるように

IBコースの入試ではオリジナリティがあり、論理的な文章を高く評価するそうです。英語小論文というと「英語力」を問われているようですが、「論理的な思考力」を問われています。その上で自分の考えを英語で表現できるかを確認されているのです。

文章読解と小論文両方の力をつけていくため、類題を使いながら小論文を練習していきます。6月の入試までに15本以上の小論文を練習することで、立命館宇治高校IBコースが求める論理的な思考力を養います。

文法的にも正しい英語が書けるように

立命館宇治では文法的にも正しい英語が求められます。文法を意識せず、英語を話したり書いたりしてきたお子さまは、英語で意思疎通できても、実は正しい英語が使えていないことも多いです。

授業では、文章の構成や英語表現の添削をすると同時に、文法の間違いを指摘しながら、文法の仕組みも解説していきます。

理屈が分かると、正しい英語が使えるようになり、自分の英語に自信を持てるようになります。入学後にエッセイを書くときにも役立った!との感想もよく聞きます書き慣れてきたら時間配分にも気を付けて、時間内に見直しまでできるようにします。

志望理由書作成

立命館宇治の志望理由書は、書き方に指定がなく自由度が高いので他の受験者と差をつけやすいです。今までの経験を振り返り、立命館宇治の求める生徒像やIBコースの学びを研究し、海外経験を通じてどう成長できたのか、それを立命館宇治でどう活かせるか、志望理由を研ぎ澄ますことが面接対策にもつながります。

将来の進路や夢についても真剣に考えなければなりません。書き言葉の正しい英語で、説得力のある志望理由書を仕上げたいです。クオリティの高い書類にするため、時間をかけて出願書類を仕上げます

実践的な面接対策(3回)

5~6月は実践的な面接対策を実施します。

IBコースに関する質問もよくあるので、再度ホームページをしっかり見て、IBコースでの学びについて最終確認をします。面接練習を繰り返し、模擬面接では面識のない講師が担当するので、本番さながらの緊張感も経験できます。3回の授業でトータルサポートします。

出願書類対策について、詳しくはこちらをご覧ください。

受講料

短期集中コースなので入会金はいただきません。
日本国内で受講される方は消費税がかかりますので、ご了承ください。